FPは、頼りになるか

ファイナンシャルプランナーの実態

貸出金利が、「0、5%」の新聞広告のページに

30年間貸出金利の10倍の5%で運用すれば、

30年で倍になるという、試算をファイナンシャルプランナー

(家計コンサルタント会社)が提示しています。

 

FP協会のテキストでも、同じ設定をした試算をしています。

(直近で、運用利回り2%の「ハイリスクの金融商品」がでます。)

 

こういう現実離れした夢をあおることで、大衆は、金融商品の

わなに誘導され、老後の資金を失います。

 

隣のページには経済で有名なケインズが投資の失敗で、

破産しかかったという記事(日経)も載っています。

それから、半年もたたずに「マイナス金利」の時代になりました。

30年運用すれば? できませんね。

 

金融庁主催の講座は、

FP,銀行、消費者センターのスタッフが参加して、茶番劇でした。

 

★⇒「エコミストとは間違う」